Android OS 4.2以上で開発者オプションを表示する

Android OS 4.2 以上は、初期状態で設定項目に「開発者オプション」が存在しません。
開発者オプションは、設定の端末情報の「ビルド番号」を連打することで表示することができます。

Galaxy Note 2で「開発者オプション」を表示する

設定を開き、その他タブを選択し、下部の端末情報を開きます。
端末情報画面の下部にある「ビルド番号」を複数回タップ(連打)します。
開発者オプションが有効になると、「デベロッパーモードは既に有効です。」というメッセージを表示します。

Androidビルド番号を連続タップ


この操作により、下記のように開発者オプションが表示されます。

Android開発者オプションメニュー

開発者オプションを設定する

設定を開き、その他タブを選択し、下部の開発者向けオプションを開きます。
最低限、下記2項目のチェックをONにしすることで、開発したAndroidアプリを実機でデバッグできるようになります。

  • スリープモード非設定
  • USBデバッグ
Android開発者オプションの設定

Windowsと接続しデバッグを許可する

WindowsにAndroidをUSB接続すると、Androidに「USBデバッグを許可しますか?」というメッセージが表示されます。
OKボタンをタップし、デバッグを許可します。

AndroidのUSBデバッグを許可

Windowsデバイスマネージャーでドライバーを更新する

WindowsにAndroidをUSB接続してもAndroidに「USBデバッグを許可しますか?」というメッセージが表示されない場合があります。
Windows側でAndroidのドライバーを認識していない可能性があります。その場合は、下記手順でドライバーを更新します。

コンピューター管理を開き、デバイスマネージャをクリックします。
対象のAndroidのドライバーを右クリックし、「ドライバー ソフトウェアの更新」をクリックします。
手順に従って、ドライバーを更新します。

Windowsデバイスドライバーの更新

上記手順で、WindowsからAndroidをデバッグ出来るようになります。


アプリ開発・Web開発のグッドテック(GoodTech) 白井理一朗 がお届けしました。 http://goodtech.co.jp/